運送会社の選び方からトラック運転手の仕事内容を解説

大型トラックの免許を取得するなら一発試験が安くて速い

 

運送会社,転職,大型免許,一発試験

運送業界は人手不足を解消できずに現在も求人募集が出続けています。

 

そんな運送業界に転職して、トラック運転手になろうと考えているならぜひ大型トラックの免許を取得しましょう。

 

普通自動車免許では運送業界でトラック運転手になるのは少々難しいかもしれません。
もし、免許取得条件を満たしていないのであれば、まずは運送業界でも倉庫業を目指しても良いかもしれません。

 

倉庫業といっても運送会社が所持している倉庫であれば、運送会社へ転職して免許取得条件を満たすまで積込み作業を覚えるという事も可能です。
運送会社によって大型免許取得応援制度を設けているところもあるので、資金面や時間面でも融通が利くところも多くあります。

 

そういったトラック運転手としてのステップアップを応援してくれるような運送会社は安心して働ける一つの指標になります。
その指標を元に運送会社を探して、より自分に合ったところを見つけると良いでしょう。

 

 

もし、免許取得条件を満たしているのであれば、転職先となる運送会社を探す前に大型トラックの免許を取得してください。
準中型免許や中型免許を取得しているからといって大型トラックの免許を取得しないのは、選ぶ運送会社がかなり少なる事を覚悟する必要があります。

 

さらに、運送会社によっては大型トラックしか所持していないところも有るので、中型免許だけではトラック運転手としての仕事ができません。
そういった運送会社はかなり多くあります、少しでも待遇の良い所を目指すのであれば大型トラックの免許は必須です。

 

しかし、大型トラックの免許を取得しようと自動車教習所へ通うとなるとそれ相応の資金が必要になります。

 

これから運送業界へ転職しようと考えている方にとって、預金は生活の為にとても重要なものになりますのでできる限り少ない金額で免許取得を目指さないといけません。
預金を使ってまで自動車教習所へ通うべきか、それともうまく行けば低資金で取得できるかもしれない一発試験に挑戦するか、どちらが正解なのかはわかりませんが、できるだけ一発試験をおススメします。

 

その理由は、やはり安くて早い所です。
ただし、安くて早いを経験するためには、一発試験という相当高いハードルを越えなければなりません。

 

今回は、大型トラック免許を取得するために必要な一発試験対策をご紹介します。

 

大型トラックの免許は路上練習が出来る環境を確保してから挑戦

 

運送会社,転職,大型免許,一発試験

 

大型トラックの一発試験に挑戦するためには、路上練習が出来る環境が必要になります。

 

一昔前までは試験場内のみでの試験でしたが、現在は路上試験まで必要になっています。

 

その路上試験に出る前に路上練習が必要とされており、その路上練習の環境が整わず一発試験を断念する方も多いのです。

 

しかし、路上練習の確保さえできてしまえば、普通自動車免許を取得した過去を思い出す事が出来れば受かったも同然です。

 

ただし、一発試験をクリアするためには、普通自動車には無い大型トラックの独特な乗車位置が感覚で理解できないといけません。
一発試験に挑戦しようとする方で、トラックの乗車位置が分からないという方はいませんね。

 

これまで大型トラック免許の一発試験での使用車両は全長8mでしたが、現在は全長12mとなっていますのでより研ぎ澄まされた感覚が必要です。

 

 

大型トラック免許取得条件

 

  • 21歳以上であること
  • 視力は両眼で0.8以上、片眼で0.5以上であること (メガネ、コンタクトレンズの使用は可能)
  • 赤色・青色・黄色の3色が識別可能であること
  • 三桿法(さんかんほう)の奥行知覚検査器により、2.5mの距離で3回検査し、平均誤差が2cm以下であること
  • 両耳聴力10mの距離で、90デシベルの警音器の音が聞きこえるものであること (補聴器の使用可)
  • 普通免許、中型免許、大型特殊免許のいずれかを取得後、取得期間(運転経歴)が通算3年以上あること

 

大型トラックの免許を取得するために必要な条件は以上の通りです。

 

この条件の中で簡単に考えがちなのが視力です。

 

朝早起きして試験会場まで出向き、視力検査で引っかかってしまうと試験自体が受けれませんので、視力に自信があっても視力検査はしておく方が良いでしょう。

 

また、意外に難しいのが奥行き知覚検査(いわゆる深視力)で、検査内容は3本の線の真ん中の線が前後に動きます。

 

その真ん中の線が左右の線と同じ位置に来たら手元のボタンを押すといった簡単な検査なのですが、左右の視力が違う方にとっては相当難しいです。
深視力もどんなものか知っておいた方が良いと思います。

 

 

大型トラック免許一発試験の費用

 

  • 場内試験費用  約5.500円(税込)
  • 路上試験費用  約9,450円(税込)
  • 取得時講習費用 約22,500円(税込) ※免除条件有り
  • 免許交付費用  約2,000円

 

およその金額を計算しています。

 

試験費用には各手数料と試験車両使用料が入っています。
この計算は1回で合格した場合の金額ですので、回数を重ねればそれなりに金額は増加していきます。

 

しかし、5回受験したとしても自動車教習所に比べると各段に安い金額で取得する事が出来ます。

 

 

大型トラック免許一発試験の流れ

 

  • 適性検査
  • 場内試験(仮免許取得)
  • 路上練習
  • 本試験(路上)
  • 取得時講習
  • 免許交付

 

ポイントなるのは、場内試験、路上練習、本試験です。

 

まずは場内試験で合格すると『仮免許』が取得できます。

 

その仮免許によって路上練習をする必要があります。
大型トラック免許の路上練習には『大型車両で過去3ヶ月以内に5日以上の練習』『有資格者の同乗』が義務付けられています。

 

この路上練習は、指定自動車教習所でも受け付けている所もあるとの事ですので、お近くの教習所に電話して聞いてみましょう。
また、近くで練習できる環境が無いのであれば、運送会社に転職した後に転職先に協力(大型免許取得支援)をお願いしてみるのも一つの手ですね。

 

路上練習完了後、本試験に入れます。
本試験は路上試験となり、かなりの緊張感がありますが100点満点の減点方式で70点が合格圏内です。

 

路上での運転は、一般人との戦いです。
横断歩道、信号、一時停止、踏切など試験中止の地雷を踏まない様に相当な注意を払ってください。

 

一発試験ではありませんが、教習内容の動画でイメージをつかむと良いと思います。

 

以下の転職サイトにて一通り大型トラック運転手の求人情報を眺めてみるのも良いですよ。

 

 

大型トラック運転手の求人情報は『はたらいく』が求人募集している運送会社の数も多く、種類も豊富です。

 

 

 

最後に

 

運送業界への転職に向けて、大型トラックの免許を取得しましょう。

 

どうしても一発試験は緊張して合格する気がしないという方も、一度は試してみても良いかもしれませんよ。

 

一度試してみて、やっぱり受かる気がしないのであれば自動車教習所に通って確実に取得する事も選択肢として全然有りです。

 

大型トラックの免許さえ取得してしまえば運送業界で定年まで働き続ける事は可能です。

 

早く免許を取得していつでも転職可能な準備をしておきましょう。

 

良い会社は急に掲載され、いつの間にか無くなります。

 

掲載された瞬間に応募できる体制にしておけばチャンスは十分にあります。


 
トップへ戻る