運送会社の選び方からトラック運転手の仕事内容を解説

大型トラック運転手が大型免許以外に取得しておくべき免許や資格

 

運送会社,運転手,転職,資格

運送業界で働いたことが無い方にとってトラック運転手がどんな仕事をしているかというのは、想像の域を超えない事がほとんどではありませんか?

 

トラック運転手の仕事で間違いなく有るのが『運転』です。
トラックの場合は準中型トラックや中型トラックといった小さいものから、大型トラックや大型トレーラーの様な非常に大きなものまであります。
この小さいトラックから大きいトラックまでを運転するのに必要なのが『運転免許証』です。

 

  • 最大積載量7.5トン未満のトラックを運転するには、準中型免許
  • 最大積載量11トン未満のトラックを運転するには、中型免許
  • 最大積載量11トン以上のトラックを運転するには、大型免許

 

トラックを運転するために必要な運転免許ひとつをとってみても3種類の免許があります。
これから運送業界を目指そうという方は、大型免許を取得してから就職や転職先を探しましょう。

 

そんな運送業界に足を踏み入れようと考えているなら、知っておいてほしい事があります。

 

それは、トラック運転手の仕事はトラックの運転だけでは無い!

 

トラック運転手の仕事で運転の次に大切な仕事が『積込み+荷下ろし』です。

 

もしかしてトラック運転手は運転だけしていれば良いと思ってました?

 

それは大きな間違いです。

 

トラック運転手の仕事がキツイと言われる理由は、精神的なキツさと体力的なキツさの両方を兼ね備えているからです。

 

  • 精神的なキツさは、いかなる理由でも延着が許されない事。
  • 体力的なキツさは、荷台への荷物の積込みと荷下ろし
  • 精神的にも体力的にもキツイのが、睡眠不足状態での長距離運転

 

この様にトラック運転手の仕事には積込みや荷下ろしといったキツイ部分をこなす必要が有ります。
この積込みや荷下ろしをするために必要な免許がフォークリフトの運転免許です。

 

ぜひ、運送業界を目指しトラック運転手になろうと考えているなら、フォークリフト運転技能講習修了証を取得しておいてください。

 

フォークリフト運転の資格を取得しておくことで就職や転職での運送会社選びが有利になる事が多くありますよ。

 

大型トラック運転手になる為にフォークリフト運転免許を取得

 

運送会社,運転手,転職,資格

運送業界に縁が無かった方でも聞いたことがあると思いますが、フォークリフトは重たい荷物を運ぶための乗り物です。

 

そのフォークリフトを運転するのに資格が必要であると言う事はご存知の方も多いかと思いますが、実際にどんな資格でどこで取得するのかをご存知の方は少ないと思います。

 

そこで、フォークリフトを運転するための資格と、資格の取得方法をご紹介します。

 

 

資格区分:最大重量が1トン以上のフォークリフトが運転可能になります。

 

フォークリフトをまったくご存じない方も居ると思いますので、簡単にご紹介します。

 

フォークリフトとはいったいどんな乗り物?

 

フォークリフトとは、荷物を運ぶためにフォーク(2本の爪)やラム(1本の棒)を昇降(上下)させるマストを備えた動力付きの荷役運搬車両です。

 

フォークリフトは重量物を運ぶ事がほとんどで、それを運転操作する運転手はフォークリフトの種類、構造、特徴、安全装置について十分に理解して間違った操作による事故を未然に防ぐ必要があります。

 

労働安全衛生法によってフォークリフトの運転業務は、危険または有害な業務として取り扱われ、運転業務を行う場合は資格が必要となり、最大荷重1トンを超える場合フォークリフト運転技能講習を修了した者を当該業務に就かせることができると定められています。

 

注意点として、このフォークリフト運転技能講習を修了した者に与えられる資格は、荷役作業を行うために必要となる資格なので、公道で走行してはいけません
また、フォークリフト運転の業務に就く場合は、フォークリフト運転技能講習修了証を携帯する必要が有ります。

 

フォークリフト運転技能講習を受けて取得

 

フォークリフト運転技能講習は、各地の建設機械メーカーさんが行っている事が多いです。

 

建設機械メーカーといえば、コマツコベルコ日立建機などが有名ですね。

 

その他にも、自動車教習所でも行っているようですので電話で聞いてみて下さい。

 

また、フォークリフト運転技能講習は所持している免許の種類によって講習時間が違うので必要な費用も変わってきます。
費用に関しては、実際に講習を受講する際にしっかり確認しましょう。

日数

時間

保有している資格

費用

2日

11時間

大型特殊自動車免許(カタピラ限定を除く)を有する方。
普通自動車免許以上を保有し、かつ、最大荷重1t未満のフォークリフトの特別教育修了後、その運転業務に3ヶ月以上従事された経験を有する方
事業主経験証明、特別教育修了証写し等が必要

23,000円〜

3日

15時間

最大荷重1t未満のフォークリフトの特別教育修了後、その運転業務に6ヶ月以上従事された経験を有する方
事業主経験証明、特別教育修了証写し等が必要

24,000円〜

4日

31時間

大型、中型、準中型又は普通自動車免許のいずれかを有する方
または大型特殊自動車免許(カタピラ付限定)を有する方
これから運送業界を目指す方はこちら

34,000円〜

5日

35時間

受講要件無し

40,000円〜

 

まとめ

 

大型トラック運転手の仕事は依頼された荷物を安全かつ迅速に運ぶ事です。
トラックを運転する事が仕事のメインではありますが、運ぶ荷物を積込み、配送先に着いたら下ろすといったサブメインの仕事があります。

 

メインとサブメインの両立が出来て初めてトラック運転手としての仕事ができるという事になります。

 

その為にはトラックを運転するための免許と、積込みや荷下ろしをするための免許はとても重要です。
運送業界に転職しても、即戦力になれる様に最低限必要な免許や資格は取得しておきましょう。


 
トップへ戻る