運送会社の選び方からトラック運転手の仕事内容を解説

大型トラック用のポータブルナビは必要?方向音痴でも大丈夫?

 

運送会社,転職,トラック運転手,ナビ

トラック運転手に転職しようと考えている時に必ず気になるのが道順ではないでしょうか。
車で色々な所に遊びに行っていたとしても、それはやはり観光名所やテーマパークといったところなので意外に分かりやすい場所にあります。

 

それが仕事となると話は別で、街の中や工場地帯、山の中や埠頭などそれは分かりにくい所にある会社もあります。

 

トラック運転手は、荷物を積む場所も降ろす場所も初めての所という事は少なくはありません。
その場合、その会社の場所やそこまでの道順、高速道路は使っていいのか等どうしたら良いのか分かりませんね。

 

そんな不安が頭をよぎるとは思いますが、あまり心配する事はありません。

 

基本的に、運送会社には配達の依頼を受け、トラックを手配する『配車係』という方がいます。
その配車係が以下の内容を全て把握しています。

 

  • 荷物の種類
  • 荷物の量
  • 荷物の積込み場所
  • 荷物の降ろし場所
  • 運行経路
  • 運行日数
  • 運輸上の注意点
  • 運賃

 

この情報から最適なトラックを選定し運転手を確定します。
そして作成されるのが運行指示書です。

 

この運行指示書に従い運転手は荷物を運搬します。
運行指示書には、荷物を積み込んで出発から休憩場所や到着予定時刻まで事細かく指定されています。
方向音痴でも大型トラック用のナビで大丈夫
出典:ISUZU(MIMAMORI)

 

運行指示書は運送会社が従業員のトラック運転手に過度の負担をかけないために必ず作成する必要があります。
この運行指示書があればどのインターチェンジから高速道路に乗ったらいいか、いつまでに荷物を届ければいいかは一目瞭然です。

 

しかし、運行指示書はあくまで計画です。
一般道路や高速道路は何が起こるか分からないので、運行指示書通りにいかない事は百も承知です。
運行指示書に従い運行し、結果どうなったかを運転日報によって報告するという流れになりますので特に心配はいりません。

 

さて、日付や時間も大切ですが、それを守るためには『道』を知っているのが前提です。
運行指示書ではポイントポイントの場所は分かりますが、道順までは指示されていません。

 

道はトラック運転手になるうえで、必ず必要なスキルではありますがそれを補ってくれるモノが巷にはあふれています。
その中でも最も重宝したのがポータブルナビでした。

 

そんな、道順に不安を感じている方へ、トラック運転手が道を知らなくても方向音痴でもやっていけると言う事をご紹介したいと思います。

 

 

道を知らないトラック運転手でも大丈夫なスマホアプリが登場

 

運送会社,転職,トラック運転手,ナビ

初めてトラック運転手になろうと考えて道を覚えようと購入したのが『スーパーマップル』という方は今は少なくなったと思います。
※スーパーマップル関東版

 

一昔前スーパーマップルは必需品でしたが、カーナビゲーションシステムが販売され、自家用車にナビが標準装備されるようになるまではあっという間でした。

 

それからすぐに持ち運びできるポータブルナビが販売され、ナビが標準装備されていない営業車や古い車もナビが使える様になりました。

 

そのポータブルナビはトラック運転手にとって非常にありがたいもので、必死にペラペラめくっていた地図のスーパーマップルも不要となっていきました。

 

しかし、ポータブルナビはあくまでも普通車用で、大型トラックをナビゲーションする事はできず、とんでもない狭い道に引きずり込まれることもしばしば。

 

トラック運転手はポータブルナビを全て信用するのではなく、ある程度荷下ろし場所まで着いてから細かい場所をナビに頼る位の使い方となりました。
※今はトラックモードが付いているのも有ります。

 

 

時代の流れ、ITの進化はすさまじく、それからすぐにスマートフォンが現れ、インターネットが使い放題になったおかげでポータブルナビよりスマートフォンの地図アプリの方が優勢になってきました。

 

それでもスマートフォンの地図アプリは普通車用で、大型トラックでは通行できない道路に誘導されることもありトラック運転手にとっては使いやすいとは言い難いものでした。

 

運送会社,転職,トラック運転手,ナビ

そんなスマートフォンの地図アプリからトラック専用が現れました。
それが、トラックカーナビ by ナビタイムです。

 

 

トラック運転手向け機能

  • トラック専用ルート検索およびナビゲーション
  • 大型車規制情報の地図表示
  • 巡回経路検索
  • 渋滞情報
  • トラックの駐車可能なスポット検索
  • 航空写真表示
  • 左付設定
  • ゾーン30案内

 

アプリ評価も☆4以上と非常に高い評価を得ています。
レビューを参照してもらうと分かるのですが、少しずつ不具合の改修を行いながら精度の高いアプリになっているようです。

 

ただし、トラック運転手向けの機能を使おうと思うと費用が掛かるのが残念です。
個人で払っても良いレベルなのですが買い切りではなく月額なのがこれまた残念です。

 

会員登録費用

  • 月額コース:840円/月(30日間無料)
  • 180日チケット:4,500円/半年
  • 365日チケット:7,800円/年

 

まずは30日間無料お試しで月額コースを試してみるのも良いかもしれません。
ポータブルナビを購入するよりは安く済みますし、地図の更新もいりません。

 

機能は申し分ないので気に入ったらちょっと長めのチケットを購入して少しでも安く使用する方が良いでしょう。
このアプリは方向音痴の初心者トラック運転手でも、ベテランのトラック運転手でも使い方によっては重宝しますよ。

 

 

最後に

 

運送業界に転職をしようとしているのに、道が分からないので断念しそうな方へ。
方向音痴でも道を知らなくてもトラック運転手になる事は全く問題ありません。

 

地図を見る方法として、本、ポータブルナビ、スマホアプリと選択肢は3つも有ります。
今はポータブルナビもスマホアプリもトラック専用が現れましたので、通行規制や大型進入禁止などの情報も手に入れられさらに便利です。

 

不安が解消できたところで運送業界への一歩を踏み出してみましょう。
トラック運転手、特に大型トラック運転手はキツイけど楽しいですよ。


 
トップへ戻る