運送会社の選び方からトラック運転手の仕事内容を解説

長距離トラック運転手の必需品はデコデコとインバーターで完璧

 

運送会社,転職,長距離トラック,運転手

運送業界へ転職を考える理由で最も多いのが高額な給料です。

 

そんなに運送業界は給料が良いのかというと、そのほとんどは一般のサラリーマンに比べると少し低めと言われています。

 

一般のサラリーマンによりますが、残業代未払いのブラック企業や、離職率が非常に高く従業員を使い捨てるような会社のサラリーマンではありません。
準大手起業といわれるくらいのサラリーマンの給料と考えて頂ければ良いでしょう。

 

その中でも、最も割合の多い40代位のサラリーマンの給料と比べると少し低いと言われています。

 

まぁそれはそうでしょう、一般的なサラリーマンは初任給が仮に20万円として、そこから40代になるまでコツコツ昇給してきました。
その昇給は10年以上かけて積み上げたものですので、それをあっさり抜いてしまうのも申し訳ないです。

 

 

運送会社への転職を目指し、トラック運転手になろうと考えている方ならご存知かと思いますがトラック運転手に昇給は無いのです。
全く無い訳ではありません、大手運送会社や準大手運送会社に昇給制度は少なからずみられるようです。

 

しかし、基本的に昇給は無いと思っていた方が良いでしょう。

 

だからこそトラック運転手は歳が若くても仕事さえ頑張ってこなせば給料が高くなります。
頑張れば歳の差や勤続年数は関係なく高額な給料になるので、昇給という考え方は基本的にはいりません。

 

そんな運送業界で頑張って高額な給料を目指すなら、それが可能な運送会社に転職するしかありません。

 

頑張ったら頑張った分だけ高額な給料になるのは長距離トラック運転手です。
なので、長距離運送の仕事を持っている運送会社を探すしかありません。

 

そんな運送会社を目指し、長距離トラック運転手になろうと考えているなら知っておいてほしい事があります。

 

それは、長距離トラック運転手の必需品です。
今回は、長距離トラック運転手が必ず持っておくべきものをご紹介します。

 

 

長距離トラック運転手が出発前に持って行きたい必需品は変換機

 

運送会社,転職,長距離トラック,運転手

長距離トラック運転手が1日の中で最も長く過ごす場所といえばマイトラックの運転席ですね。

 

そんな運転席での楽しみと言えば、、、ラジオ?、、、最悪ですね。
ラジオだけの生活はかなり苦しいです。

 

長距離トラック運転手は、1泊2日で帰れるような距離ではありません。
最短でも2泊3日ですし、2泊3日で帰ってきたとしても家に変える事はあまりありません。

 

となると1週間はトラックの中や会社の仮眠室です。
会社の仮眠室も先客が居ると使えませんので、やはりトラックの中がほとんどだと思います。

 

だからこそトラックの中での生活は快適にしたいものです。
快適な生活をするうえで必ず必要になるのは電気ではないでしょうか。

 

さて、乗用車でスマホの充電をしようと思ったら、シガーソケットやオプションで付けたUSBなどから充電すると思います。
それは12V(ボルト)の乗用車で使用するからできるのであって、トラックは24V なので通常市販されている充電器では少々難しいのです。

 

まずは、このトラックの24Vを12Vに変換してあげる必要が有ります。
ただ単に24Vを12Vに変換といってもピンと来ないかもしれませんが、24VのシガーソケットをDC/DC変換機を接続して12Vにするという機器があります。

 

 

それが、ALINCO(アルインコ) DT-920です。

 

製品仕様

  • 外形寸法 (突起物除く):166(W)×59(H)×170(D)
  • 重量(質量・約):1.7kg
  • 入力電圧:DC24V(21〜28V)
  • 出力電圧:DC13.8V
  • 出力電流::22A (連続20A)+USB端子2A
  • 保護回路:高温時、出力側ショート時の自動遮断
  • ファン:高温時に自動作動
  • 使用ヒューズ:平型20A

 

このDCDCコンバーター(通称:デコデコ)さえあれば、シガーソケットで接続するポータブルナビやUSBでのスマホ充電などができるようになります。

 

 

 

トラックでコンセントを使いたいならインバーター

 

DCDCコンバーターでトラックの車内でシガーソケットやUSBポートが利用できるようになりました。
それはあくまでもカーアクセサリーと言われるものが使えるようになったくらいです。

 

長距離トラック運転手は、トラックの中で生活をする事になるのでもっと快適にしたいのです。
だからこそ必要なのがコンセントです。

 

コンセントがあれば、パソコンも使用する事ができるので、DVDを見たりモバイルルーターがあればインターネットも出来ます。
さらに、電動髭剃りの充電も出来ますし、小さな冷蔵庫も置けます。

 

コンセントひとつでまだまだ使い道があるはずです。
トラックの車内でコンセントを利用するならDC/ACインバーターという機器が必要になります。

 

 

この、HG-350/24V セルスター 24V専用DC/ACインバーターが使いやすく性能も良いのに値段も安くてお手頃です。

 

製品仕様

  • 入力電圧:DC24V(動作電圧範囲22.0V〜30.0V)
  • 出力電圧:AC100V
  • 瞬間最大出力:700W(0.1秒以内)
  • 最大出力:350W
  • 定格出力:280W
  • 出力周波数:55Hz
  • 出力波形:矩形波
  • 変換効率:80%以上
  • 回路方式:P.W.M.方式インバーター
  • 使用温度範囲:-20℃〜+40℃
  • 本体ヒューズ容量:20A(平型ヒューズ)
  • 本体サイズ:90(W)×145(D)×49(H)mm(突起部除く)
  • 本体重量:650g
  • 付属品@:バッテリー接続コード2m
  • 付属品A:シガープラグコード90cm(15Aヒューズ内蔵)

 

このDCACインバーター(通称:インバーター)さえあれば、電化製品のほとんどが使用できます
ただし、恐ろしく電圧が高い電化製品はヒューズを飛ばす原因になりかねませんので注意してください。

 

長距離トラック運転手を目指して、相当頑張って高額な給料を目指すなら最低でも準備しておきたい機器です。
おススメ電化製品はパソコンです。DVDを視聴したりインターネットをサーフィンしてみたりと時間を持て余すことは無くなりますよ。

 

最後に

 

長距離トラック運転手は、なかなか家に帰れません。
しかし、頑張れば頑張るほど給料は高額になっていきます。

 

トラック運転手の良い所は年功序列で無い所ですね。
長く働いているから給料が高いのは、一般的なサラリーマン位です。
そんなサラリーマン生活から抜け出して、トラック運転手になったとしてもキツさを乗り越えれば給料の心配は不要です。

 

長距離トラック運転手では無くても、中距離で高額な給料提示をしている運送会社もたまに見かけます。
そんなチャンスを逃さない為にも、こまめに転職サイトはチェックしておきましょう。

 

そして、長距離や中距離のトラック運転手を目指すなら、トラック生活を快適にする機器を揃えておいてもイイですね。


 
トップへ戻る