大型トラック運転手への転職前に運送業界の基礎と事情を知ろう

運送会社の大型トラック、緑ナンバーと白ナンバーの違いとは

 

大手運送会社,運送業界,就職,転職

運送業界で働く方ならご存じかもしれませんが、これから運送業界へ挑戦しようとしている方にとっては何でも新鮮な事ばかりです。

 

そこで、今回は運送会社のトラックで良く見かける緑ナンバーについてご紹介しようと思います。

 

運送業界に興味がある方なら何となく疑問に感じていたとは思いますが、トラックのナンバープレートの色ってなぜ緑色なのでしょう。

 

気になったら調べないといけない性分の方であれば答えは分かっていると思いますが、ナンバープレートの色には大切な意味があります。

 

 

そもそも、自動車登録番号標(ナンバープレート)には何色があるのでしょう?

白色のプレートに緑色の文字:白ナンバー
普通自動車以上の自家用(家庭用)に装着する義務のあるナンバープレートです。

 

黄色のプレートに黒色の文字:黄ナンバー
軽自動車の自家用(家庭用)に装着する義務のあるナンバープレートです。

 

緑色のプレートに白色の文字:緑ナンバー
普通自動車以上の営業用(事業用)に装着する義務のあるナンバープレートです。

 

黒色のプレートに黄色の文字:黒ナンバー
軽自動車の営業用(事業用)に装着する義務のあるナンバープレートです。

 

青色のプレートに白色の文字:青ナンバー
外交官が使用する外務省専用であまり見かけないナンバープレートです。

 

 

全部で5色、それぞれ意味を持ったナンバープレートです。

 

この中で、運送会社で大型トラック等に使用するナンバープレートと言えば、白ナンバーと緑ナンバーです。

 

 

運送会社のトラックが装着する白ナンバーと緑ナンバーの違い

大手運送会社,運送業界,就職,転職

 

街中で走行しているトラックのナンバープレートを見ると、そのほとんどが緑ナンバーだと思います。

 

そこには、最も大きな理由があります。

 

それは、自社商品(または製品)を運ぶか、他社商品(または製品)を運ぶかという違いです。

 

 

ピンッ!と来ない方へもう少し詳しく説明します。

 

 

白ナンバーのトラックが運べるのは「自社商品だけ」と言う事なので、トラックを所有する会社が作っている商品を自社の支店への配送か、お得先への納品にのみ使用する事ができると言う事です。

 

自社の商品を自社で運ぶと言う事は、その運搬に対しての運賃(対価)を支払うのは自社と言う事になります。

 

なので、その運搬に対しての会社への売上や利益は発生しないという事になりますね。

 

これが白ナンバーであり、自家用という意味になります。

 

 

そして、他社商品を運ぶ事ができる緑ナンバーとは、白ナンバーと違って運搬に対しての運賃を運搬を依頼した他社へ請求する事ができます。

 

要は、運搬に対しての運賃で会社へ売上や利益を発生させることができると言う事になります。

 

 

ここまで来るとピンッ!と来たと思います。

 

 

通常、運送会社は荷物を運んで売上をあげ、そこから経費を引いた利益で会社が存続しています。

 

と言う事は、運送会社のほとんどは緑ナンバーであるという事になるのですが、実際の白ナンバーと緑ナンバーのトラックの割合はまだまだ白ナンバーが優勢です。

 

自家用=82.0%:営業用=18.0%

大手運送会社,運送業界,就職,転職
出典:国土交通省(平成24年度)

 

円グラフからも分かる様に、白ナンバーが多い理由はトラックでも小型車が占める割合が多くなっているからです。

 

ところが、車両数は白ナンバーが多くても、運んでいる荷物の重量(トン数)でみると緑ナンバーが優勢になります。

 

自家用=31.0%:営業用=69.0%

大手運送会社,運送業界,就職,転職
出典:国土交通省(平成24年度)

 

この円グラフからも分かる様に、他社の荷物を運ぶ緑ナンバーの運送会社が輸送量は多いですね。

 

 

ここまでが、街中でトラックを見るとそのほとんどが緑ナンバーであるという理由です。

 

 

 

運送会社がこぞって緑ナンバー(営業ナンバー)を取得する理由

大手運送会社,運送業界,就職,転職

 

運送を専門とする会社として経営を成り立たせるためには、緑ナンバーは必須です。

 

他社の商品を依頼された場所へ、依頼された日付に、依頼された時間に、安全にかつ正確に届ける事による対価(運賃)を頂けるのは一般貨物自動車運送業を取得し、営業ナンバー(緑ナンバー)を取得した運送会社だけだからですね。

 

 

しかし、運送会社が緑ナンバーを取得する理由はそれだけではありません。

 

実は、緑ナンバーは運送会社にとって色々とメリットがあります。

 

 

信用度のアップ

緑ナンバーは貨物自動車運送業の資格を取得した証明であり、厳しい条件をクリアした運送会社という証明です。
この資格を取得する事で、公共事業の仕事も可能となるという理由から、一般企業からの信用度もグンッと上がります。
緑ナンバーは他社からの信用度を上げるもので、白ナンバーは他社の信用度を必要としないナンバーと言う事です。

 

これが、運送会社にとって最大のメリットで、このために緑ナンバーを取得すると言っても過言ではないかもしれません。

 

 

トラックの税金が割安

緑ナンバーの特権だと思いますが、毎年かかる「自動車税と自動車重量税」は白ナンバーと比べると緑ナンバーの方が安く設定されています。
自動車税(都道府県税)で緑ナンバーの負担額は白ナンバーの約30%OFFで、自動車重量税(国税)で緑ナンバーの負担額は白ナンバーの約40%OFF位です。
自動車税は積載量、自動車重量税は車両総重量で負担額に違いがあるのでご注意ください。

 

これはトラックで仕事をしている会社への負担軽減措置ですね。

 

 

トラック運転手の雇用拡大

緑ナンバーを取得すると、会社の従業員への社会保険加入が義務付けされます。
トラック運転手として従業員を雇いたいと思っても、今は社会保険が無い会社への就職や転職は避けられてしまいます。
社会保険加入が義務付けられることによって、会社の福利厚生はしっかりしているアピールが可能になります。

 

昨今、社会保険はあって当たり前、無かったら無理と割り切られてしまいますので、福利厚生は重要ですね。

 

 

 

運送会社の求人情報はこまめにチェック!気になるものは今スグ応募!

 

 

 

 

まとめ

 

運送会社を起業しようと考えている方は緑ナンバー(営業ナンバー)はしっかり押さえておきたい情報です。

 

また、運送会社へ転職してトラック運転手として働きたい方も、その会社がどんな荷物を運搬しているか、福利厚生はしっかりしているかも少なからず分かると思います。

 

ただし、白ナンバーだから緑ナンバーだからという絶対的な偏見は持たない様にしてください。

 

白ナンバーの会社でもかなり大規模に自社の商品を運搬している会社は有ります。

 

そういった会社は、運送業を主としていない事が多いので、トラック運転手もサラリーマン的な要素を持っている事が多くあります。

 

サラリーマン的な要素のあるトラック運転手であれば、時間的にも体力的にも厳しくないかもしれませんよ。

 

もし、興味があれば白ナンバーの会社も応募、面接してみても良いですね。


 
トップへ戻る