運送会社の選び方からトラック運転手の仕事内容を解説

トラック運転手の仕事内容で長距離は全てキツイ訳じゃない

 

トラック運転手,仕事内容,転職,起業

運送業界への転職を考えている方は、色々な理由があると思います。

 

運送業界の中を転々としている方は、準中型トラックや中型トラック運転手から大型トラック運転手へのステップアップ
また、大型トラック運転手からトレーラー運転手へのステップアップを目指している方も居れば、より良い労働環境を探し求めている方も居ます。

 

より良い労働環境とは、時間外労働が少ない、毎日家に帰れる、給料が安定している、給料アップの期待等、色々な要素を含んでいますが、みなさん目的を持って転職活動に励んでいます。

 

一般的なサラリーマンが運送業界へ転職を考える理由は、お得意先との人間関係に疲れたり、上司部下の関係に疲れたりといった対人関係によるものが多く見られます。

 

また、まったく違う業種から運送業界への転職を考えている方で最も多い理由は給料のアップを期待しての事と言われています。

 

みなさんそれぞれ色々な理由を持って運送業界へ転職されてきます。
その中でも運送業界の魅力と言われているのは、年功序列ではなく成果主義である所です。

 

年功序列が悪い訳ではありませんが、年功序列は長年同じ職場に勤める事で給料がジワジワ上がり、定年退職の時にはそれなりの退職金をもらって終わり。
といった感じなので、歳を重ねれば馬車馬の様に働かなくても会社はそれなりの給料を払ってくれます。

 

転職者にとってこの年功序列という仕組みは良い事がまったくありませんね。
誰にも劣らないスキルを持って転職するなら年功序列制度の中でもかなりの上位につけるかもしれませんが、そんなもの持ち合わせていないのが普通です。

 

ならばまた最初からコツコツ働くか?と言われても仕事もろくにしない年長者にこき使われるのはなんだか気分が悪いです。
だから年功序列制度の中で仕事をしている一般的なサラリーマンは、どんなにイヤな事があっても長年勤めた会社を辞めることなく、もくもくと働き続けるのでしょう。

 

何のスキルも無く、ずば抜けた技術も持っていない方はイヤな仕事も我慢して続けないといけないのか。
というのも間違いで、特別なスキルも匠の技を持っている訳でも無い方でも受け入れてくれる成果主義の世界があります。

 

それが運送業界です。

 

運送業界の中でも成果主義と同じ歩合制という考え方を取り入れた給料体系となっているのがトラック運転手です。

 

トラック運転手の中でも歩合制の恩恵を最も受けるのが長距離トラック運転手と言われています。
長距離トラック運転手になる為に必要な特別なスキルや技はありません。

 

必要なのは大型自動車免許です。
この大型自動車免許さえ取得してしまえば成果主義の最高峰でもある長距離トラック運転手になる資格があります。

 

運送業界への転職を考えているなら、ぜひ大型自動車免許を取得してください。
できれば、フォークリフトの免許もあると良いですし、贅沢を言うならけん引免許も欲しいですね。

 

それを見越して長距離トラック運転手の求人情報を見てみて下さい。
求人情報内では月給プラス歩合給で35万円から40万円位で募集しています。

 

それだけでも良いのですが、長距離トラック運転手はもっと稼ぐことが出来ます。
だからではないのですが、長距離トラック運転手は相当キツイと言われ続けています。

 

どこかの誰かがつぶやいた一言が長距離トラック運転手の応募を急激に減らしているのもマイ違いありません。
そのつぶやきた誤解を解消すべく、長距離トラック運転手の仕事内容をご紹介したいと思います。

 

 

長距離トラック運転手の仕事内容でキツイパターンと楽なパターン

 

トラック運転手,仕事内容,転職,起業

 

長距離トラック運転手の仕事と言えば全国津々浦々ご当地グルメを楽しみながら旅行がてらの仕事です。
と求人募集に記載があっても信じてはいけませんよ。

 

現実はそんなに甘くありません。
長距離トラック運転手の仕事は、積込みに始まり荷下ろしに終わります。
その間は眠たい目をこすりながらひたすら大きなトラックを運転し続けるという仕事です。

 

さて、そんな長距離トラック運転手の仕事内容にキツイものとそうでないものがあります。
それに比例して給料の高いものとそうでないものもあります。

 

長距離に限らずトラック運転手のほとんどに言える事ですが、トラック運転手は荷物を運ぶのが仕事です。
なので、荷物を運ばないと給料が発生しないと思っても良いのです。

 

これがいわゆる成果主義であり、歩合制の醍醐味です。
荷物を運ばないと給料が発生しないのであれば、荷物を運べば運ぶほど給料が上乗せされると言う事になりますね。

 

年功序列制度では味わえない世界ですね。

 

 

では荷物を運ぶだけなら簡単なのでは?と思いがちですが、それがそんなに甘くないのが運送業界です。
荷物を運ぶ前に、どんな荷物を運ぶのか、重いのか軽いのか、大きいのか小さいのか、1個運ぶといくらの運賃なのかという課題があります。

 

常に軽くて小さくて1個の運賃が高いモノを運べば、給料はずば抜けて高くなるでしょう。
ところが大勢いる従業員の中で1人だけそんなに良い荷物ばかり運べるわけがありません。

 

それをコントロールしているのが配車係という方です。
配車係は運ぶ荷物がどの様なモノかを全て把握していますので、それに見合ったトラックを配車しています。

 

それをうまくコントロールする事で、従業員の働き方に合わせているのです。

 

ですので、給料がたくさん欲しい従業員には少しタイトな運行でもドンドン仕事を回しますし、家族との時間を大切にしたい従業員には距離が短めの運行を回したりしています。

 

せっかく長距離トラック運転手になったのなら高額な給料を目指したいという方は、配車係にキツくても運賃の高い運送を回してもらう必要があります。

 

 

長距離運行のキツイパターン

  • 手積み手下ろし
  • 積込み時間が長い
  • 荷物の大きさが違う
  • 運行日程がタイト
  • 高速道路指示が無い

 

長距離運行のキツくは無いパターン

  • フォークリフトでの積込みと荷下ろし
  • 積込み時間が短い
  • 荷物の大きさが統一されている
  • 運行日程に余裕あり
  • 渋滞区間の高速通行指示がある

 

このパターンで運賃が良いのはキツいパターンの方です。
そうでないと誰も好き好んでキツイパターンを選ばないはずです。

 

なので、キツく無いパターンは運賃が高くはありませんが、体力的には少しばかり楽になります。
この両方のパターンを繰り返し行う事で、体調にも悪い影響を与えにくくトラック運転手の健康維持には必要と思われます。

 

さてここまでで長距離トラック運転手が高額な給料を得るために必要な事がご理解頂けたと思います。
これは長距離トラック運転手としての経験上で感じた事ですが、、運賃が非常に高く荷姿も小さく、大量に運べるのは『医薬品』です。

 

運ぶ荷物に関しては運送会社に依存してしまいますが、転職する前には取扱う荷物の種類を確認する事をおススメします。

 

 

今すぐ情報を知りたい方へ

 

 

最後に

 

トラック運転手の仕事内容で長距離と聞くとキツイと言ってしまう方が多いのですが、すべてがそうでは無いと言う事がご理解頂けたでしょうか。

 

長距離トラック運転手でキツイ部分は積込みと荷下ろしで、それが手作業だとかなり辛いと思います。
さらに積込みに5時間待ちというのも珍しくありません。

 

それもこれも高額な給料を手に入れる為の試練ですので、耐えて頑張りましょう。
少しでも早く長距離トラック運転手を極めて、トレーラー運転手へのステップアップも考える必要がありますね。


 
トップへ戻る