運送会社の選び方からトラック運転手の仕事内容を解説

大型トラックが高速道路で並走!なんで追い越し車線に出るの?

 

運送会社,就職,転職,起業

今日はドライブ日和、家族(彼女・彼氏・友人)と遠くまでドライブ。
軽快な滑り出し、すぐに高速道路に乗り本線合流、(法定速度で)ブッ飛ばすぜぃとアクセル踏み込んだところまでは良かったけれどあっという間にノロノロ運転。

 

早く目的地へと急ぐあまりイライラも頂点に到達
助手席に大切な人を乗せているのにオラオラ運転

 

そんな経験ありませんか?

 

 

 

ノロノロ運転の原因といえば、高速道路で良く見かける走行車線と追い越し車線を並走する大型トラック

 

なんでこいつら並走してんの?
さっさと抜いて走行車線に戻れよ!

 

乗用車で走行されている方の多くはこう思ってしまいます。
並走しているトラックの後ろにピッタリくっついて走っている方はイライラしているのでしょう。

 

そんな乗用車の運転手の気持ちはトラックの運転手のほとんどが知っています。
だからこそ、追い越し切ったらすぐに走行車線に戻っています(一部の意地悪な人を除いて)。

 

たまに、走行車線に戻ろうとしたらしびれを切らした乗用車が走行車線から追い越していくときがあります。
それはそれでトラック運転手としては楽なので助かるのですが、乗用車の方もトラックもどちらも交通違反なので少々問題があります。

 

この様に大型トラック運転手は並走したくて並走しているのではなく、できる限りすぐに追い越したいけど追い越せない理由があります。
それが大型トラックについている速度制御装置(スピードリミッター)の影響です。

 

今回は、大型トラックが並走してしまう理由について解説したいと思いますので、最後までお付き合い下さい。

 

大型トラックはリミッターによって重大事故を防止している

 

運送会社,就職,転職,起業

 

大型トラックが絡んだ悲惨な交通事故のニュースをよくテレビで見かけると思います。
乗用車同士の交通事故はテレビのニュースになるほど重大事故になる事は少ないのですが、トラックが絡む交通事故はその大きさから重大事故につながる事が多いのです。

 

その様な重大事故を少しでも減少させるために、2003年9月にスピードリミッター(速度抑制装置)の装着が『道路運送車両の保安基準 第8条4項及び5項』により義務付けられました。

 

このスピードリミッターによる規制速度が設けられているのは大型トラックだけではなく、乗用車、バイク、大型バスも同様に設けられています。

 

ただし、規制速度の根拠を示しているのが、大型トラックのみ道路運送車両法その他の車両は自主規制となっているのが現状で、実際に違反したら法律に抵触するのが大型トラックのみとなっています。

 

 

ではなぜ大型トラックだけなのか、乗用車やバイクも法定速度以上に速度を出せない様にすればもっと交通事故は減らせるのでは、と思う方も多いとは思います。

 

それはやはり日本は自動車輸出国です、大手自動車メーカーが120km/hしか出ない車は売れないと反発したのでしょう。

 

日本も国内大手自動車メーカーを怒らせて海外に逃げられたり、清き一票を逃すわけにはいきません。

 

いわゆる大人の事情ですね。

 

また、大型バスも同じ様な理由ですね。

 

街中を走る路線バスは法定速度を超える事は少ないのでスピードリミッターを装着しても問題ないとは思いますが、高速バスや観光バスはスピードリミッターが付くと少々問題有です。

 

バス事業者も路線バスでは利益を上げる事は難しいので、高速バスや観光バス事業で何とか利益を得たいところです。
なのに、スピードリミッターが装着されると予定時刻に遅れたりして乗客を減らしてしまうかも知れません。

 

だから大手バス事業者も反対しますね(安全確保の理由で自主的にスピードリミッターを装着したバスも多くいるようです)。

 

一概には言えませんが、いわゆる大人の事情かと思われます。

 

 

実際にスピードリミッター装着義務の平成15年から平成17年にかけて、高速道路における大型トラックの交通事故は減少しています。

 

大型トラック関係の気になる事
出典:国土交通省

 

現在となっては大型トラックには当たり前のスピードリミッターが装着の義務となった時にもっとも問題となったのがトラック運転手の労働時間です。

 

それまで、夜の高速道路は大型トラックにとっては非常に走り易くスピードも出しやすかったので、現地到着も早めにつくこともしばしば。

 

それが、スピードリミッターによって早めにつくどころか予定時刻を過ぎてしまう事も有る等、労働環境の悪化が懸念されましたが、これは高速道路を多く使用する運送会社の話です。

 

基本的に下道を走行する運送会社が多いので、多くの運送会社では労働時間の超過は見られなかったようです。

 

 

大型トラックが並走してしまうのに追い越したくなる訳とは

 

運送会社,就職,転職,起業

 

大型トラックにはスピードリミッターが装着されており、その速度制限は約90km/hとなっています。

 

高速道路における大型トラックの制限速度は80km/hなので90km/h出れば問題ないのですが、そこはやはり機械ですので一つ一つ性能に違いがあります。

 

あるスピードリミッターは95km/hまででたり、かたや90km/hまでしか出なかったりとその差±5km/hはあります。

 

 

 

 

それだけでも速度差があるのに、さらに以下の要素が加わります。

 

 

荷物の重さ:重ければ重い程、上りは遅くなり、下りは速くなる
車体の風圧:前方を走るトラックより、後方を走るトラックの方が空気抵抗が少ない
エンジン馬力:エンジンの馬力が高いトラック程、上り坂でもグングン登っていく
タイヤの転がり:新しいタイヤほど良く転がる

 

 

これだけの要素が加われば、その速度差は±10km/hにはなってきます。
そうなると、速度差によって自然に追いつき追い越しをかけたくなるのはトラック運転手としては仕方の無い事と思います。

 

そして、いざ追い越しをかけたら±10km/hは有った速度差を感じさせないほどの並走ぶり。
でも、良く見たら少しずつ追い越してるのか、いないのか、どっちなのか分からないレベルなんてことが良く起こります。

 

それは、以下の要素が想定されます。

 

 

荷物の重さ:微妙な下り坂で追いついて、微妙な上り坂で追い越しをかけた時

空気抵抗の大きさ:追い越しと同時に前方のトラックの壁が無くなりモロに空気抵抗を受けた時

 

 

この状態に陥った時は、床を突き破る位アクセルを踏んでも追い越せません
さらに運が悪いと走行車線のトラックに逆に追い越されてしまいます

 

そんな状態になるかも知れないのになぜ追い越そうとするのでしょうか。
それは、大型トラックの性能が大きくかかわっているのです。

 

 

荷物を積んでいる時に速度が落ちると戻らない!

 

 

大型トラック運転手の仕事は主にトラックの運転です。
長時間運転しているのでできる限り無駄な動きはしたくないというのが心情です。

 

無駄な動きとは、アクセルから足を外す、ブレーキを踏む、ギアを変えるなど速度を落とす事によっておこる動きです。

 

この無駄な動きをしたくない、速度を落としたくない、1秒でも早く休憩したいという思いから微妙な速度の追い越しが発生します。
そして、色々な要素が加わり並走してしまうのです。

 

決して普通車のドライバーに嫌がらせをしているのではありません。
長年大型トラックに乗っていると嫌がらせとか面倒な事はしません。

 

この様な事情である事を知って頂けて、次回並走に出会った時にゆったり追い越しを待って頂けたら幸いです。

 

最後に

 

大型トラックが高速道路でなぜ並走してしまうのかという疑問を紐解いてみました。
もし、疑問に思われていた方の解消につながれば幸いです。

 

大型トラックの最高速度は90km/hでスピードリミッターがかかります。
そのことをご存知の方は、追い越し車線を並走している大型トラックを見かけても煽ったりベタづけといった無駄な事はしないと思います。
なぜなら、そんな事をしても大型トラックはそれ以上のスピードが出ないのでどうしようも有りません。

 

もし、お近くの方でご存じない方がいらっしゃったら教えてあげましょう。


 

大型トラック関係の気になる事記事一覧

一般的には運送会社で働く側なので、仕事で使う大型トラックの値段なんて気にしたことないと思います。一般の方で大型トラックを購入する方はほぼいないので気にしなくて当然です。でもちょっと気になったりしませんか?大型トラック運転手になろうかなと思っている方や、実際に大型トラックを仕事として運転している方にはある程度の値段は知っておいて損はありません。そこを知る事によって、大切にしようという気持ちが芽生えた...

トップへ戻る